POSレジを販促ツールに使用

subpage1

POSレジと言えば、商品の代金を支払うカウンターに鎮座している大掛かりな機械という認識が持たれていますが、近頃のお店では非常にすっきりとした印象に感じられます。
その理由は、そもそも会計処理に際して以前のようにPOSレジを採用していないという実情があります。
選ばれているのはタブレット型端末なのですが、コンピューターと遜色無い性能を持っているからこそ、会計業務以外でも活躍させられます。



実際に導入している店舗のスタッフが特に利便性が高いと感じるのは、お客様に対して販促ツールとしての役割を持たせられるという事です。



つまり、前もって端末の中に対して製品の画像や詳しい情報を入力しておくと、現時点で製品が店頭に無かったとしてもカタログのように見せられるのです。

プロモーションを行い、気に入ってもらえたのならその場で会計処理が完了させられます。


そのため、処理の度にお客様に店内を歩かせずに済むというわけです。消費者のニーズの取りこぼしを予防することに繋がるので、確実に収益が高くなりますし顧客満足度も上昇します。

このように、消費者の元にPOSレジの機能を持って行く事ができるという事は、当然本体が小型なのでカウンターなどの定位置に置いても見た目に優れています。

ロケットニュース24情報サイトを使用する機会が増えています。

見た目に関しても新しい様相に感じられることから、特に雰囲気作りに拘りを有している空間では最適です。
そして、若いアルバイトの方でもPOSレジの操作がしやすいというのも魅力です。