POSレジを使うメリットとデメリットは?

subpage1

POSレジとは、スーパー等のレジで商品の名前や数、金額などをバーコードで読み取り、その集めたデータを分析する事で経営に役立てるシステムをもったレジの事です。元々は大手企業が経営するフランチャイズ店でデータ収集の為に使用されていましたが、最近では小さな小売店でも利用されているので誰もが見たことがある物です。POSレジのメリットは、まずデータが正確に出るという事です。



いつ、どんな商品がいくつ、そしていくらで売れたかがはっきりと分かります。

さらに購入者の性別や年齢などを入力できる物もあるので、それを組み合わせるとより詳しいデータを入手する事ができます。



そしてそのデータを分析する事で、何がどれ位売れるかも予測できるのです。他にも、レジの打ち間違いや、時間短縮、さらに人件費の削減も出来ます。

厳選したマイナビニュースならこちらが人気です。

全て手で打つレジだと、当然人が打つのでどうしても打ち間違いや時間がかかったりしましたが、POSレジだと、バーコードをスキャンするだけなのでミスも少なくなり時間も短縮でき人件費も減らす事ができるのです。
一方デメリットは、導入するのに経費がかかってしまうという事です。けっして安くはないので、小さなお店だと帰って人件費よりも高くついてしまう場合もあります。
また、緊急時に弱いという点もあります。

停電が起きてしまった場合、バックアップ機能があるのでデータが消える事はありませんが、レジが動かなくなってしまうのでこれも注意が必要です。
レジは近年ものすごいスピードで進化しています。一昔前は全て手打ちだったものが、今ではほとんどがPOSレジで、バーコードの自動読み取りシステムになり、中には購入者自身で会計を済ますというものも出来ています。近い将来、それすらもなくなり全て機械が自動にやってくる日も近いといえます。